無料相談受付中です。24時間お問合せフォーム≫

03-3446-1828

平日10:00~20:00 土曜も診療 各種保険取扱い

カリソルブ治療

HOME ≫ カリソルブ治療

カリソルブ治療

カリソルブ治療は虫歯になってしまった部分に、薬剤を塗布して溶かす治療法です。溶かされた虫歯は歯科用器具を使って取り除きます。使用する薬剤は虫歯になっている部分にしか作用しないので、今までの治療と違って健康な歯質を削ること無く、最大限歯を残すことができることが特徴です。

カリソルブ治療に使用する薬剤には「次亜塩素酸ナトリウム」と「アミノ酸」が使用されています。次亜塩素酸ナトリウムは歯科治療ではよく殺菌のために使われますが、カリソルブ治療では虫歯の部分に作用して溶かします。アミノ酸は三種類配合されており、健康な歯質への攻撃的な作用を抑える働きをしています。

  • (1)痛くない(薬剤が虫歯だけを溶かすから健康な組織を削らない)
  • (2)神経を残す(大切な神経に触れない、最新の虫歯治療です)

キッズソルブ治療

キッズソルブとは、乳歯や生えたての軟らかい永久歯用に開発された小児歯科用のカリソルブです。

乳歯や生えたての永久歯は、成人の永久歯と比べるとエナメル質が軟らかいのが特徴です。そのためキッズソルブは専用に薬剤を配合して作られており、カリソルブよりも乳歯のう蝕が溶けやすくなっています。キッズソルブはカリソルブ同様、世界各国で小児の虫歯治療として普及が進んでおり、日本でも最先端の小児虫歯治療として注目を集めています。

  • (1)削らない(虫歯だけを軟らかく溶かして取り出します。健康な歯を削りません)
  • (2)乳歯専用(乳歯専用の薬剤を使用します。怖くない最適な治療法です)